FC2ブログ

福祉関連情報

障害者スポーツの体験催し トヨタ各社が立命大で障害者スポーツの体験催し トヨタ各社が立命大で

障害者スポーツの体験催し トヨタ各社が立命大で

 障害者スポーツへの理解を深めるイベント「トヨ●パラ」が二十三日、草津市野路東の立命館大びわこ・くさつキャンパスであった。

続きはこちら・・・

2019年11月25日 中日新聞より
  1. 2019/11/25(月) 10:28:34|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

難病と闘い書道に情熱 守山の連山さん、催しで実演

難病と闘い書道に情熱 守山の連山さん、催しで実演

 筋力の低下やけいれんなどの症状を引き起こす「ミトコンドリア脳筋症」と闘いながら書道を続ける守山市の連山(つれやま)昂太さん(21)が十七日、米原市春照の伊吹薬草の里文化センターで制作実演をした。

続きはこちら・・・

2019年11月18日 中日新聞より
  1. 2019/11/25(月) 10:19:22|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

草津で滋賀国スポPRイベント 車椅子バスケの実演に歓声

草津で滋賀国スポPRイベント 車椅子バスケの実演に歓声

 国民体育大会(国体)が2023年から国民スポーツ大会(国スポ)に名称変更され、2024年には全国障害者スポーツ大会(障スポ)と共に滋賀県で開催されることが7月に内定。滋賀では1981(昭和56)年の「びわこ国体」以来43年ぶりの開催となる。滋賀で開催されることの周知と県民の参加を促すためにイベントを実施した。

続きはこちら・・・

2019年11月18日 びわ湖経済新聞より
  1. 2019/11/19(火) 10:27:43|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

筋電義手で折り紙つまめた 子ども早期装着で「体の一部に」 国産化で普及に光

筋電義手で折り紙つまめた 子ども早期装着で「体の一部に」 国産化で普及に光

 手が生まれつきなかったり、事故や病気で失ったりした人が使う人工の手「筋電義手」。特に子どもは、日常的に装着することで脳の発達やバランスの良い成長が期待できるという。約150万円と高額なドイツ製品が主流だが、より安価な「国産」の筋電義手が登場する見通しとなり、普及に光が差している。

続きはこちら・・・

2019年10月25日 京都新聞より
  1. 2019/10/29(火) 14:22:00|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

手話通訳400人必要 県内開催の国スポ・障スポ

手話通訳400人必要 県内開催の国スポ・障スポ

【県】 滋賀県は、2024年に県内で開催する国民スポーツ大会と全国障害者スポーツ大会(以下国スポ・障スポ)に向けて、聴覚障害のある選手や観客への支援体制の強化に向けて動き出している。

続きはこちら・・・

2019年10月10日 滋賀報知新聞より
  1. 2019/10/21(月) 10:41:15|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0
次のページ