FC2ブログ

福祉関連情報

<元JRA騎手>それでも馬に乗る 夢は東京パラリンピック

<元JRA騎手>それでも馬に乗る 夢は東京パラリンピック

 競馬で大きなレースを制しながら、2度の落馬事故で左半身にまひが残り、引退を余儀なくされた日本中央競馬会(JRA)の元騎手、常石勝義(つねいし・かつよし)さん(37)が2020年東京パラリンピックの馬術競技に出場することを目指している。左目の視野が狭く、記憶力や集中力が低下する高次脳機能障害にも悩まされながら「もう一度、大きな舞台に立ちたい」と練習に打ち込む。

続きはこちら・・・

2015年4月4日 BIGLOBEニュースより
  1. 2015/04/07(火) 13:22:57|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0
次のページ