FC2ブログ

福祉関連情報

アール・ブリュット作品展示 独創的な絵画や造形

アール・ブリュット作品展示 独創的な絵画や造形

 【全県】 県は3月31日まで、県内各地でアール・ブリュット作品の展示を行っている。アール・ブリュットは「加工されていない生(き)のままの芸術」という意味のフランス語で、仏人芸術家が考案した言葉。既存の美術教育を受けず、美術的なスタイルから何の影響も受けていない障がいを持つ人らが独創的手法で生み出す絵画や造形のことを指す。

続きはこちら・・・

2018年1月11日 滋賀報知新聞より
  1. 2018/01/12(金) 14:45:04|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0
次のページ