FC2ブログ

福祉関連情報

「空気読むこと難しい」「困った人と思われるかな」 発達障害者、心の声を歌に 滋賀・近江八幡

「空気読むこと難しい」「困った人と思われるかな」 発達障害者、心の声を歌に 滋賀・近江八幡

 発達障害への理解を広めようと滋賀県の「近江八幡市精神障がい・発達障がい当事者・家族の会」会長で、自らも障害を抱える馬場功さん(50)が原詩を書いた歌「それぞれのパート奏でながら」が完成した。「空気を読むことむずかしい 困った人と思われるかな? 本当は『困っている人』声を聞いてね」など、当事者ならではの心の声が並ぶ。馬場さんは「歌で理解が広がってくれれば」と願いを込める。

続きはこちら・・・

2020年2月19日 yahooニュースより
  1. 2020/03/03(火) 10:52:13|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0
次のページ