福祉関連情報

ろう者陸上選手、手話で支える 大津のトレーナー世界大会同行

ろう者陸上選手、手話で支える 大津のトレーナー世界大会同行

 聴覚障害者の陸上競技を陰で支える女性が大津市にいる。聾(ろう)話学校の講師を務めたのを機に手話を学び、トレーナーとしての技も身につけた。18日からトルコで開かれる聴覚障害者スポーツの世界大会「デフリンピック」にも同行する予定で「選手を最高のコンディションにしたい」と意気込む。

続きはこちら・・・

2017年7月16日 京都新聞より
  1. 2017/07/19(水) 11:53:15|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する