福祉関連情報

障害児 放課後生き生き

障害児 放課後生き生き

 学校の放課後や長期休暇中に障害児を預かる放課後等デイサービスを行う施設が県内で増えている。預かっている時間に、個々人に合わせた様々な支援を提供。これまでできなかったことができるようになるなど、子どもの成長につながることへの期待が高まる。保護者にも「自分の時間が持てる」とニーズが高い。その一方、ノウハウのない業者も次々と参入しているといい、サービスの質に差が生まれるのではと、懸念の声も上がっている。(北瀬太一)

続きはこちら・・・

2017年8月30日 読売新聞より
  1. 2017/09/06(水) 10:20:34|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する