福祉関連情報

盲ろう者、再び集える場を 新築か改修へ滋賀のNPO支援募る

盲ろう者、再び集える場を 新築か改修へ滋賀のNPO支援募る

 目と耳の両方が不自由な「盲ろう者」の生活訓練の場であるNPO法人「しが盲ろう者友の会」が拠点施設(滋賀県近江八幡市浅小井町)の整備に向け支援を募っている。施設の老朽化が著しく4月から機能の一部が移転し、相談拠点と訓練拠点が別れたため活動に支障が出始めているためだ。今月から支援充実に向けた実態調査に乗り出す同会は「『滋賀のヘレンケラー』の拠点作りに協力をしてほしい」と呼び掛けている。

続きはこちら・・・

2018年5月10日 京都新聞より
  1. 2018/05/16(水) 10:31:27|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する