FC2ブログ

福祉関連情報

バリアフリーな観光地図 彦根総合高校3年・石田さんが考案 彦根 /滋賀

バリアフリーな観光地図 彦根総合高校3年・石田さんが考案 彦根 /滋賀

 国宝・彦根城といった彦根市内の観光地などを、障害のある人にも分かりやすく知ってもらう地図「彦根のユニバーサルツーリズム(思いやりマップ)」が完成した。考案したのは彦根総合高校3年、石田春香さん(18)=同市。彦根ゆかりの企業3社による高校生のまちおこしプロジェクトが応援した。完成品を手にした石田さんは「本当にできるのか不安だったが、上出来です」と完成を喜んだ。【西村浩一】

続きはこちら・・・

2020年3月30日 毎日新聞より
  1. 2020/04/02(木) 10:43:15|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

草津の学習塾が就労支援のネットショップ 「得意なこと生かして就労体験を」

草津の学習塾が就労支援のネットショップ 「得意なこと生かして就労体験を」

 アットスクールは、2005(平成17)年に創業し、発達障がいのある子どもや不登校児の発達支援、学習支援を行ってきた。障がいのある若者の就労・自立支援の一環として就労移行支援事業所との協力で、ネットショップの運営によって就労の機会を提供することを目的に事業を開始した。

続きはこちら・・・

2020年3月24日 びわ湖大津経済新聞より
  1. 2020/03/24(火) 13:17:42|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

小学生パティシエの工房オープン 障害で一時不登校を乗り越え

小学生パティシエの工房オープン 障害で一時不登校を乗り越え

 近江八幡市の県立男女共同参画センターで昨春から定期的に「一日スイーツカフェ」を開いていた、同市の小学6年の杉之原みずきさん(12)がパティシエを務める「みいちゃんのお菓子工房」が、今年1月下旬に同市上田町の住宅街にオープンし、人気を集めている。みずきさんは「場面緘黙(かんもく)」という障害があるが、伸び伸びとお菓子作りに腕を振るっている。

続きはこちら・・・

2020年3月18日 中日新聞より
  1. 2020/03/23(月) 10:37:40|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

障害者と共に学ぶ 高島小にインクルーシブ教育賞 車椅子の児童、授業・行事も一緒に /滋賀

障害者と共に学ぶ 高島小にインクルーシブ教育賞 車椅子の児童、授業・行事も一緒に /滋賀

 学校生活の中で障害の有無にかかわらず、共に学び、共に生きる取り組みを続ける児童・生徒やその団体に贈られる、県の「インクルーシブ教育賞」に、高島市立高島小学校の全校児童299人が選ばれた。同校には、全身の筋力が低下する「脊髄性(せきずいせい)筋萎縮症」のため、特別の車椅子で生活する6年の女子児童が通う。全校児童一人一人が自らができることを考えながら、女子児童と学校生活を一緒に送る姿勢が評価された。【塚原和俊】

続きはこちら・・・

2020年3月15日 毎日新聞より
  1. 2020/03/17(火) 14:42:54|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

乗馬で発達を促すデイサービス「PONY KIDS」 休校の子どもを朝から受け入れ

乗馬で発達を促すデイサービス「PONY KIDS」 休校の子どもを朝から受け入れ

 乗馬や馬の世話を通して発達支援をする児童発達支援・放課後等デイサービス「PONY KIDS」(栗東市六地蔵)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために一斉休校となったことを受け、支援が必要な児童・生徒の臨時預かりを始めた。

続きはこちら・・・

2020年3月10日 びわ湖大津経済新聞より
  1. 2020/03/12(木) 11:33:29|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ