FC2ブログ

福祉関連情報

暗すぎない照明、突然すぎない音響・・・不安和らげる舞台芸術

暗すぎない照明、突然すぎない音響・・・不安和らげる舞台芸術

 自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)などの症状で劇場での鑑賞に不安を感じてしまう人たちにも公演を楽しんでもらう「リラックスパフォーマンス」と呼ばれる取り組みを公益財団法人「スターダンサーズ・バレエ団」(東京都)が進めている。公演では音量や照明の明るさに配慮するなど当事者の不安を和らげる工夫を随所に盛り込んでおり、同団の小山久美総監督は「劇場へ足を運ぶきっかけづくりになれば」と話している。(清水更沙)

続きはこちら…

2020年12月17日 産経新聞より
  1. 2020/12/18(金) 11:22:16|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

アート探る新しい試み<ボーダレス・アートミュージアムNO―MA>

アート探る新しい試み<ボーダレス・アートミュージアムNO―MA>

ボーダレス・アートミュージアムNO―MA(近江八幡市)の学芸員を2010年から務める横井悠さんは、この10年を「新しいことばかりだった」と振り返る。それまでは芸術系大学で作品を制作していて、初めて福祉の世界と関わることになったが、それだけではない。

続きはこちら…

2020年12月12日 京都新聞より
  1. 2020/12/16(水) 13:43:42|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

パラ競泳の木村選手応援する葉ボタン植え付け

パラ競泳の木村選手応援する葉ボタン植え付け

 滋賀県栗東市出身の全盲のスイマーで東京パラリンピック出場を決めている木村敬一選手(30)を応援するため、長浜市高月町雨森の平井茂彦さん(75)が、自宅の庭に葉ボタンを植え付けた。葉の色合いでパラリンピックの水泳のピクトグラム(絵文字)を表現している。

続きはこちら…

2020年12月11日 朝日新聞より
  1. 2020/12/14(月) 14:27:47|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

車いすでごゆっくり 大津の銭湯改修

車いすでごゆっくり 大津の銭湯改修

 大津市で60年続く老舗の銭湯「大津湯」が11月末、1年半の休業期間を経て営業を再開した。大きく変わったのは、車いす利用者が入浴できるよう改修した点だ。店主の米谷基広さん(44)が脳出血で倒れたことがきっかけで、女将おかみの米谷智也子さん(46)は「障害がある人も含め、みんながくつろげる場所にしたい」と語る。(辻井花歩)

続きはこちら…

2020年12月8日 読売新聞より
  1. 2020/12/08(火) 14:33:02|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0

甲賀流秘伝「手裏剣パウンドケーキ」 障害者施設が開発

甲賀流秘伝「手裏剣パウンドケーキ」 障害者施設が開発

 障害者社会復帰施設「ゆとりあ」(滋賀県甲賀市)が忍者を題材にしたパウンドケーキを開発した。同市甲南町の市の情報発信拠点「甲賀流リアル忍者館」で販売しており、「甲賀観光のみやげに」とアピールしている。

詳しくはこちら…

2020年12月7日 京都新聞より
  1. 2020/12/07(月) 15:37:43|
  2. 障がい・福祉
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ